根管治療

根管治療とは

根管治療とは、細菌に侵されてしまった歯の奥の神経や歯質を取り除いて殺菌し、しっかりと蓋をする治療です。
痛みや時間がかかる治療ではありますが、実は、天然の根を保存することができれば天然の歯を残すことができるので、根管治療は歯の寿命が大きく影響される重要な治療です。
虫歯菌や歯周病菌が歯髄まで感染してしまった場合でも根管治療を行うことで、歯の内部に入った菌を取り除き、天然の根(歯髄)を残すことができます。

根管治療が必要な症状とは

  • 歯に痛みがある
  • 歯茎に膿の袋がある
  • 歯茎が赤黒く腫れている

虫歯治療の際のレントゲンで根の部分に異常が見つかった場合は、天然の歯を長く残すために、根管治療が重要となります。
自覚症状が無くても、被せ物や詰め物を取り替えるときには、根の治療をご検討ください。
しっかりと、事前にご説明をさせていただきます。
些細な事でもかまいませんので、不安なことがあればお気軽にご相談ください。

当院の根管治療方法

健康保険の制限にとらわれない世界基準の精密根管治療

当院の精密根管治療(世界基準)では、より丁寧な処置を行うために治療時間を長めに取り、その分少ない通院回数で終わるようにしています。
健康保険の制限にとらわれず、歯を残す可能性を高めるためのあらゆる処置が可能です。マイクロスコープやラバーダム防湿、CTやニッケルチタンファイルなど、
根管治療に有用とされている材料や機材を積極的に使用して、治療を行います。

マイクロスコープ

治療を行う際に、肉眼では根の中の細部を確認することはできず、感覚に頼ることになってしまいます。
当院ではマイクロスコープを使用し、約20倍に拡大した視野の中で根の管を直接見ながら、精密に治療を行います。
マイクロスコープは、全国の歯科医院でも導入率がわずか10%以下という最新の機器となります。
顕微鏡のような拡大した視野で診ることのできるマイクロスコープを使用することで、虫歯や異物の取り残しを防ぐことができます。

3D画像

精密なCT画像により、立体的に歯の状況を確認することができます。
根の湾曲や根管の数、骨の状態などを知り、マイクロスコープを使ってその部分を精密に治療することができます。

ラバーダム防湿

精密根管治療を行うためには、根管内に菌を感染させないためにも無菌の状態で行うことが重要となります。ラバーダム防湿とは、歯とお口の中を隔離し、唾液からの細菌感染を防ぐものです。

ニッケルチタンファイル

歯の神経の管は湾曲しているため、しなりを持つ器具が必要になります。ニッケルチタンファイルを使うことで、根を傷つけること無く、神経組織や細菌による汚物を神経の湾曲に沿って、しっかりと効率よく取り除くことができます。

根管治療の成功率

保険治療の場合と自費治療の場合では、根管治療の成功率は全く違います。

  • 世界基準の精密根管治療の成功率:84%以上
  • 保険治療の根管治療の成功率:50%以下

当院では、保険治療内の根管治療、精密根管治療の両方を行っております。成功率やメリット・デメリットをしっかりとご説明した上で、患者さんのご希望にそった治療を行うことができます。
ただ、成功率がかなり違ってきますので、1回の治療で再発すること無く健康な歯を維持するためには、精密根管治療をおすすめしております。

精密根管治療の価格

自由診療の価格※税別

最初の治療再治療
前歯 3万~ 6万~
小臼歯 4万~ 7万~
大臼歯 5万~ 8万~

院長からのメッセージ

根管治療は、歯の寿命をのばすためにとても重要な治療となります。他の病院でだめだと言われたものも、諦めないで当院にご相談ください。
考えうるあらゆる治療方法を提案いたしますので、一緒に歯を助けるために頑張りましょう。

院長ブログ 症例ブログ よくある質問
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
bottom_tel.png
メールでのお問い合わせはこちらから