入れ歯(義歯)

当院の入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)とは、取り外しのできる人工の歯のことです。
入れ歯の種類は色々ありますが、当院の目指している総入れ歯の特徴はカスタムメイドの「安定入れ歯」です。
患者さん一人ひとりの顎にあったオンリーワンの入れ歯を作ることで、しっかり噛むことができ、かつ歯と歯茎を安定させることができます。

保険治療と自費治療の違いについて

洋服に例えると、保険治療の入れ歯は既製品、自費診療の入れ歯はオーダーメイドとなります。
保険治療のものは、一律の形になるので安い金額で作製することができますが、顎に合わない可能性が高くなります。
自費治療の入れ歯は、価格は高くなりますが、自分の顎にあわせた完全オーダーメイドとなります。不具合がないように調整を重ね、自分の天然歯と同じように使用することができます。

入れ歯作製の流れ

1口の中の型取りをし、個人トレーをつくります

2作成したトレーを使って、口の中の型をとります

3型を口の中に入れて、顔や顎との調和、噛み合わせや高さ、位置関係などを決めます

4仮並べの入れ歯をお口の中に入れ、噛み合わせの高さやなどを診査します

5作成した入れ歯をお口の中に入れ、ぴったりとするか、きちんと噛めるかどうかを精密に調査、診査し、調整します

6不具合がなくなったら完成です(1ヶ月半ほどかかります)

治療後のメリット

  • 自分の歯とおなじようにしっかりと噛むことができる
  • 美味しく食事ができるようになる

院長の入れ歯治療への思い

「入れ歯だからこのくらいしか噛むことができない」ではありません。当院の入れ歯は、しっかりと噛んで美味しく食事ができる安定入れ歯です。
失った歯は二度と元には戻りませんが、同じ機能の入れ歯をつくることで、以前と同じように美味しく食事を取ることができるようになります。
当院にお越しいただいたすべての患者さんがハッピーになれるように、全力でお手伝いをさせていただきます。希望や要望などがありましたら、遠慮なくお伝え下さい。

院長ブログ 症例ブログ よくある質問
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
bottom_tel.png
メールでのお問い合わせはこちらから