インプラント治療

インプラント治療とは

インプラントとは、歯の根のない人に行う治療法です。
歯を失ったあごの骨にネジのような人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せることで、歯としての機能を取り戻す方法です。1本でも、すべての歯でも対応できます。

インプラントは設計も重要ですが、熟練した高い技術がとても重要になってきます。当院では、年間100例も治療を行う、経験値の高いインプラント治療専門の医師が担当いたします。

インプラント治療の流れ

1患者さんの要望を聞く

2院長と専門医が治療方法を打ち合わせる

3治療の開始

患者さんによって歯の形や状況が違いますので、一人ひとりに最も適した形で治療を行っています。

治療の流れ

1検査

口腔内写真撮影・全身状態チェック・模型の型取り・レントゲン撮影など、現在のお口の状態をいろいろな方法で確認します。

2診断・設計

骨の状態や厚みなどを詳しく診断し、インプラントを埋め込む位置や角度を設計します。この時に、インプラントができるかどうかの最終判断を行います。

3手術前の歯の治療

インプラントの治療を行う時に、虫歯菌や歯周病菌が悪影響を与えないよう、あらかじめ治療をしておきます。

41次手術(インプラントの埋め込み手術)

日時を決めて、人工歯根(カムログ・インプラント)を埋め込みます。
本数にもよりますが、1~2時間ぐらいの手術となります。
手術後の消毒、抜糸を行い、その後は状態を見て2週間~1ヶ月毎にチェックします。

5定着期間・定期検査

骨にインプラントが定着するまで、約2~3ヶ月待ちます。
感染が起きていないかなどを定期的に検査します。

62次手術

インプラントが定着したら、埋め込んだインプラントの頭を出し、連結部分の装着手術を行います。

7人工歯の装着

歯の型取りを行い、歯の色や形、歯並びをチェックしながら、インプラントの上に被せる人工歯を作ります。
2次手術を行ってから4~5週間後に人工歯を被せて、インプラントの治療は終了となります。

※全身疾患の方や糖尿病の方、喫煙習慣がある方については治療が受けられない場合もございます。事前にご相談ください。

インプラント治療期間

治療期間は3~6ヶ月程度となります。
インプラントはデリケートなので、治療終了後も歯の良い状態を維持するため、定期検診でメンテナンスをする必要があります。
長く安定して使用するためにも一人ひとりの口腔内のリスクを考えて、定期検診の期間を調整させていただきます。

インプラントの種類(カムログについて)

当院では、優れたデザインコンセプトで高い品質を誇る、「カムログ」を使用しています。
世界屈指の工業先進国ドイツにおいて高い技術で作り出され、歯科臨床で高い評価を得ているインプラントの種類となります。
3つのカム(溝)が入っているためにしっかりと位置決めができ、人工歯根と連結部分がぶれずに入るので、抜けるリスクがありません。

インプラント治療の実績

院長からのメッセージ

インプラントは入れることが目的ではなく、その歯で安定して長期に噛めるような歯を作ることが重要となります。
当院では超一流の技術力をもったインプラントの専門医が担当いたしますので、安心してお任せいただければと思います。
些細な事でも構いません。何か疑問や質問があれば、メリット・デメリットを含めしっかりと説明しますので、お気軽にご相談ください。

院長ブログ 症例ブログ よくある質問
信頼できる医療機関を探せる Medical DOC
bottom_tel.png
メールでのお問い合わせはこちらから