羽生市・館林市・加須市・久喜市・熊谷市・行田市の患者さんへ、万全の設備とアフターフォローが自慢のしのはら歯科医院

歯の症状についてしのはら歯科の事例

インプラントについて

「インプラント」ってなんですか?

インプラント治療はここ10年くらいで急速に広がった治療法で、あごの骨の中にチタン製のネジのようなもの(これを「インプラント」と呼びます)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせて、失った歯の代わりにする治療法です。

インプラントは歯にフィットするのですか?

埋め込んだインプラントは、あごの骨とガッチリくっつきます。インプラントを埋め込んで何か月か経った後に電子顕微鏡で見てもあごの骨と完全にくっついているのが分かります。
これはインプラントの原料であるチタンと骨の相性の良さが原因です。この発見が現在の歯科技術を進歩させたといってよいほどです。

インプラントのメリットとデメリットを簡単に教えてください

インプラントのメリットとして「天然の歯と同じように噛むことができる」、「見た目が自然」、「他の歯を削る必要があない」などがあります。
デメリットは「治療費が高額(自費治療となる)」、「簡単な手術が必要である」、「治療期間が長くなる」などが挙げられます。

金属を歯の中に入れるのは抵抗があるのですが・・

インプラントに用いられる金属(チタン)は人間の体になじみやすい(生体親和性が高いと言います)ため、金属アレルギーを起こしやすい材料です。

インプラント治療の手術のために入院は必要なのですか?

入院の必要性はまずありません。その日のうちに帰宅できますのでご安心してご来院ください。

インプラント治療の手術を受ける時の注意点を教えてください

虫歯や歯周病がある方は、まずそれらの治療をしてください。
手術を確実に成功させるため、喫煙をされる方は、数週間前から禁煙をすることをお願いしています。

治療にはどのくらいの時間がかかりますか?

インプラント治療は、インプラントを埋め込むという手術が必要で、インプラントがあごの骨としっかりくっつくまでに3ヶ月~6ヶ月かかります。
治療の流れは、検査・治療計画→手術前の歯の病気の治療→インプラントの設計→手術となります。基本的に患者さんによって歯の形や状況が違いますので、それぞれに最も適した形で治療を行っています。
また、治療終了後も歯の良い状態を維持するため、定期健診をおすすめしています。

手術中、手術後の痛みはありますか?

局所麻酔を使用するので、手術中に痛みを感じることはありません。
手術後、麻酔が切れると多少の痛みを感じることもありますが、抗生剤は鎮痛剤を服用することで抑えることができますし、腫れも数日でおさまります。

インプラントは一生もつのですか?

これはとても難しい質問です。インプラントがどのくらいもつかは、患者さんを取り巻くいろいろな条件が関わってくるからです。例えば、汚れままのお口のまま放っておけばどんな患者さんもトラブルが起きる可能性は高くなりますし、お体の健康状態にも左右されます。
最近のデータでは、インプラントを入れてから10年以上経過する症例が95%というデータも出ています。

治療費はどのくらいかかるのでしょうか?

インプラント治療は自費治療となり、保険の適用がありません。使用する設備、インプラントの材料費、手術費などを加味した料金に設定されております。

インプラントの保証期間などはありますか?

はい。しのはら歯科では患者さんに安心して治療を受けていただくため、●年間の保証期間を設けています。
ただし上記で申し上げたとおり条件によっても変わってますので、治療後に適切なケアや定期的に来院していただくことが前提になります。